想像の具現化したくないの?

社会人二年目でトヨタの整備士を辞めた人のブログ

限定ネタが売り切れる時間帯は?もう飽きたよ回転寿司の同じネタ

 

 

回転すしに行くと毎回感じる事が、『期間限定ネタの売り切れる時間帯はいつなのか?』ということ

 

 

この期間限定のネタを食べたくて訪れる人も多いと思うんですよね〜

 

 

秋は『生さんま』とか、恵方巻きの時期には『福招きの恵方巻き』など、旬ネタを新鮮なまま楽しめるということは

 

 

期間限定ネタの楽しみにして、お店に行きますよね。

 

 

じゃあ、期間限定ネタの魅力って何ですか?

 

 

  • 旬のもが安く味わえる
  • いつものネタと違う楽しみが生まれる
  • 今しか食べる事ができないという希少性
  • 何が旬なのか?という行くまでわからないワクワク感

 

 

このような魅力があり、興味がそそられ、食べたいと思い行動しますよね!

 

 

僕なんか、まさに旬のネタ目的で訪れたりする事が多くて

 

 

行くまでは『何が旬なのか?』調べないので、そのワクワク感は楽しみになります。

 

 

毎回同じネタばかり食べてると飽きてしまうし、旬なもの安くたべたい!子供には色々食べさせてあげたいけど、、、、

 

 

期間限定ネタはそんな悩みを解決してくれ、食べるを楽しさやワクワクをリーズナブルに感じる事ができることからセグメントがファミリー向けにも思えます。

 

 

祝祭日の回転すしは60分待ちとか平気であると思うんですけど、

 

 

もし60分待っても食べたいネタを食べる事ができなかったら、凹みません?

 

 

それゆえ、家族や子供達が居ては、すしざんまいみたいなお店に行く事が難しいと考える人も多いと思います(子供がいると行きにくいw

 

 

じゃあ、いつ(何時に)行けば食べる事ができるの?という疑問が生まれると思うんですけど、

 

 

夕食として訪れたくても、期間限定ネタだけじゃなくそれ以外の通常ネタが売り切れの場合を経験している僕が導き出した時間帯は、、、

 

 

15時〜16時の間という事です。

 

 

この時間帯であれば、少なくとも並ぶ可能性(待ち時間)が軽減され、さらに期間限定ネタを食べれる可能性が高い時間帯と言えると思います。

 

 

しかしこれじゃ、『子供が我慢できない』『お昼には遅おい』という声もありますね。

 

 

待ち時間を無くしたいのであれば、【EPARK】人気施設の予約・順番受付サイト飲食店の予約では日本一の掲載数を誇るEPARKで予約する事ができます。

 

 

期間限定ネタを食べる事ができるとは約束できませんが、予約することで待ち時間を軽減できるので食後の行動に計画が立てやすくなると思います。

 

 

でも期間限定だから時間作って、せっかく訪れたけど食べられなかったらいつになっても食べられないと思うんですよ。

 

 

表記を『期間限定』ではなくて『1日数量限定』とかにすればいいと思いません?

 

 

日々のデータから、何時頃に売り切れになるか?把握できていると思うのでネット上や専用アプリで配信することが必要になってくるのではなかと思っています。

 

 

上記のような事が実現すれば、いい意味で諦めがつきますし『期待に裏切られた』という事がなくなり、期間限定ネタを楽しめると思うんです。

 

 

回転すしの醍醐味でもある、期間限定ネタが売り切れてしまうと食べる事ができるネタは毎回同じネタになる人も多いと思うんです。

 

 

今まで色んな人と回転すしに行ってきましたが、好き嫌いなくどんなネタでも食べれる人は一人もいないくらい好き嫌いがあるのが普通です。

 

 

すし屋なのに、海鮮が食べられない。

 

 

すし屋だけどイカしか食べられないなど

 

 

もし、その唯一食べる事ができるネタが品切れだったとしたら、何食べますか?

 

 

100円回転すしは予約なしでは、入る事が難しく(待ち時間が当たり前)なってきた時代かもしれません。

 

 

ましてや予約しないと期間限定ネタを食べる事が困難になるということでもあります。

 

 

パラダイムシフトによって食文化も大きな変化が起こっています。

 

 

海外からのスイーツが上陸したり、日本食が海外で当たり前のように食べる事ができたりするようになりました。

 

 

飲食業界では、これらの変化に耐えながらブランディングの強化が必要になってくると思います。

 

 

 

akaheru-d.hatenablog.com

 

 

 

ラーメンも1000円が当たり前になってきたりしてますから。

 

 

 

日本人が働く上で忘れているスタンスは?

 

 

社会人になり、1年目が過ぎ2年目の今夏に新卒で入社した会社を退職した。

 

 

そんな僕が思ったのが、なぜ人は働きながら嫌味や愚痴をこぼしているのだろう。

 

 

社会人になりそんな疑問が絶えることはなかった。もちろん新卒で入社した中小企業で働く先輩も毎日のように愚痴をこぼしていた。

 

 

そもそも働く上でのスタンスが自分と会社、違ったんじゃないの?

 

 

会社と自分の方向性や目指しているモノがズレているにまだその会社に居続けるの?

 

 

そんな日々の葛藤から転職することを即決しました。

 

 

この記事は、日本人に多い『我慢して嫌な仕事を続ける必要性』について、そもそも我慢が何に繋がるのか?

 

 

そんな事に触れながら書いてみました。

 

 

 

 

体験的な話題から、ベンチャー企業で働く人の属性から会社とミスマッチと分かりながら働く必要性などについて考えています。

 

 

https://burst.shopifycdn.com/photos/business-team-meeting-boardroom_925x.jpg

 

 

 

続きを読む

とくとくBBでauユーザーはギガ放題が2000円台で超格安に

 

 

最近GMOの『とくとくbb』で待ちに待ったキャッシュバック31000円受け取る事ができました。

 

 

akaheru-d.hatenablog.com

  

 

という記事で紹介しています。

 

 

キャッシュバックを受け取る事が前提になりますが、auユーザーは毎月のWi-fi使用料が2000円台にて使用できるので紹介したいと思います。

 

 

個人的調べでは、2000円台でギガ使い放題になるのはGMOのとくとくBBのみ利用した場合でキャッシュバックを受け取る事が条件になります。

 

 

 

続きを読む

GMOのキャッシュバックもらったよ!プロセスさえ踏めば猿でも可能

 

 

ポケットWi-fiでは各社キャッシュバックを戦略として長期契約(3年)やオプション契約にて売り上げを伸ばしていますね。

 

 

しかし、インターネット上にはなぜか『キャッシュバックをもらえなかった!』とか『GMOに騙された!』『詐欺だ』の声が多く感じます。

 

 

もらえなかった話より、実際にもらった人の話を聞いた方が言葉の重みがありますよね。笑

 

 

そこで、実際に利用しているGMOのとくとくBBの1番の魅力でもある、キャッシュバック(31000円)をしっかり受け取った話をしようと思います。

 

 

この記事を読んでキャッシュバックの期限をしっかり確認、管理しをしてもらいそびれたり権利を失ったりしない様にしてください。

 

 

 

続きを読む

美容院でホワイトニング?『美』を追求しすぎた結果がこれ

 

 

たまたま行った美容院でホワイトニング?を勧めら、美容院の方向性が変わってきたんじゃないと思ってきた著者です。

 

 

今回はこの様な事について書いています。

 

 

 

前回の美容院の記事ではこんな内容書きました。

 

 

初めて行く美容院のカルテは本当に必要なのか?という問題です。

 

 

akaheru-d.hatenablog.com

 

 

前回から1ヶ月経ったのでまた新規の美容院に行ってきましたが、相変わらずカルテならぬ(個人情報)記入をしてきました。

 

 

笑顔で『記入をお願いします〜』って言われてしまったら断れませんね。。

 

 

でも内心は『面倒臭い』と思ってますよ、だって次回も行くかわからないお店に個人情報とか書くのちょっと躊躇するじゃないですか

 

 

セールのDMや髪切るタイミングですよ〜的な案内の為にアドレス書いたり、住所書いたりするのはユーザー側のメリットがないんですよねw

 

 

カルテや個人情報を記入する時間が無駄に思ったり、そもそもの行動が面倒と感じたりするのは当たり前になってる様に感じます。

 

 

最近ではIPadタブレットを使い記入できる美容院が増えていますけど、実際のところ減価償却できるまでに元以上になるのは厳しさを感じますね

 

 

もうハガキで送られてくるDMオワコンじゃないですか?20〜30代で見る人の方が少ないと思うんです。

 

 

僕自身、ポストに入っている公共機関の封筒は目を通しますが、それ以外(ピザのチラシとか)はゴミ箱行きとか多いです。笑

 

 

話がずれました、今回は『美容院でホワイトニングができる』ということでお話しようと思います。

 

 

美容院はただ髪を切るだけではない

 

 

美容院のあり方って数年で大きく変わったきたと思うんです。

 

 

例えば、最近だと当たり前になりつつある『マツエク』はなぜ美容院の併設され始めたのか?という事も一つ変わった事ですよね。

 

 

理由は少し調べたらこう書いてありました。『マツエクをする施術者は美容師免許』が必要になるからみたいなんです。

 

 

これは調べて理解できた事ですので、知らない人のために伝えておきますね

 

 

美容師辞めたら、サロンで働く

 

 

そしてよく耳にするのが、美容師やってたけど仕事が辛くてマツエクサロンやエステサロンに転職して働いているという人です。

 

 

つまり美容師免許はあるけど美容師が嫌で辞めた人が、それを活かせるマツエクサロンにスライドしてるって事なんですよね。

 

 

マツエクサロンは、ネイルやマツエクをやってくれるイメージだと思うんです。

 

 

美容院は『美』を追求している?

 

 

名前の通り、美容に関するサービスを行っている業界でありますが、職種までが統合さる様になり始めました。

 

 

美容院では髪を切るという昔の価値観から、マツエクも美容院でやるのが当たり前になりつつあるという事です。

 

 

いつに時代も当たり前は簡単に書き換わるんですよ。

 

 

そこで美容院に『美』を意識したホワイトニングがはじまってました笑

 

 

というかここまできたら『美』を意識してればなんでもありやんww

 

 

確かに『美』と繋がりますけど、、、

 

 

上から頭が髪の毛、目がマツエク、口がホワイトニングで『』全てが一箇所のお店で綺麗に『美』のケアできるということになります。笑

 

 

次は脱毛が美容院でできる

 

 

個人的にですが、後は脱毛が美容院に加われば『美』をコンプリートすると思います。

 

 

いや間違いなくw

 

 

『美』という部分においては脱毛も同じですよね〜

 

 

最近はエチケットという観点で脱毛する女性も増えているようです。

 

 

実際に脱毛サロン(美容脱毛サロン、脱毛クリニック)に通う20〜30代の女性の7割の方が通った事があったり、通っているとアンケート結果もあるくらいなので。。

 

 

ホワイトニングはどこでもできる

 

 

 セルフホワイトニングはどこでも出来ますね。。

 

 

機材などの初期投資は大きいものの、料金が割安なので男女問わずホワイトニングに通う人も増えているのが現状です。

 

 

一回の施術の費用や時間がそれほどかからないので、男子でも『美』意識が高い人は行く傾向にあるようで、

 

 

ここだけの話、僕も通おうと思っています、、

 

 

しかし、美容院でホワイトニングができるのであれば『パーマ』や『カラー』の待ち時間で行うことができるようになるのでは?

 

 

と思いました。

 

 

しかし、実際のところホワイトニングのために美容院に行くという考えの人は少ないと思います。

 

 

眼科にメガネ作りに行く人と、ZOZOでメガネ作る人とどっちが多いのかということ同じだと思うんです。

 

 

作るという事は同じでも、昔から抜本的に日本人がそういう傾向を嫌っているんですよね。

 

 

スマホは携帯ショップで買うという価値観から、SIMフリースマホをインターネット経由で購入するという方法。

 

 

前者は今まで当たり前だったものが、後者の方が便利だったり、料金が安いという理由でどんどん流れているみたいに

 

 

マツエクやホワイトニングも美容院で施術するのが当たり前になるのだはないかと思います。